省エネコンサル・補助金支援

省エネコンサルとは

いくら省エネに取り組んでもそれがお客様の業務に支障をきたすようであれば本末転倒です。またそのためのイニシャル・ランニングコストは可能な限り抑えるものだと考えます。
当社はお客様の目線に立った省エネコンサルにより最適なご提案を行っています。

POINT1 「見える化」
まず必要なのがエネルギー使用状況の「見える化」です。
今どれくらい使っているか、昨日はどれくらい使ったか、何もわからないのはスピードメーターのない車を運転しているようなものです。
まずは使用状況の把握と検証が省エネへの取り組みの第一歩です。
ポイント01
POINT2 現場調査と省エネ提案
設備の現状調査と使用状況のヒアリングを綿密に行います。
その情報をもとにシステムを導入した場合の省エネ計算を行い、省エネとコスト低減のご提案を行います。

(例)

  • ・LED照明・高効率空調設備・高効率ボイラー等の設備更新による省エネ
  • ・電力デマンド監視・制御システムによる省エネ
  • ・電力ピークカットによる省エネ
  • ・空調設備の運転制御による省エネ
  • ・補助金利用によるイニシャルコストの低減
  • ・電力会社の移行や契約見直しによるランニングコストの低減
ポイント02
POINT3 検証・指導
導入したシステムが正しく運用されているか、当初の成果を出しているかを必要に応じて検証し評価します。またそのための指導や教育も行い省エネに向けた更なる取り組みをお客様と共に行っていきます。
ポイント03

省エネコンサル 導入の流れ

省エネコンサル 導入の流れ

補助金支援とは

省エネルギー設備導入のため国や地方自治体よりさまざまな補助金が用意されています。
設備導入コストの約1/3~1/2になる補助金の採択を受けるためには煩雑な事前準備と公募時期に合わせた申請作業が必要になります。
当社では今まで培ってきた経験と申請資料作成ノウハウを駆使してお客様に満足いただける支援を行います。

POINT1 スケジューリング
公募開始から締め切りまでの期間が1ヶ月ほどのものが多いため公募されてから準備を始めても間に合いません。
公募時期を想定した上で事前に必要な準備とその時期をとお客様の都合とすり合わせたうえで無理のないスケジュールを組んでいきます。
ポイント01
POINT2 申請から施工までワンストップで対応
補助金を利用するうえで一番重要なのが申請通りの施工を行うということです。そうでない場合、補助金の返還といった事態になります。
現場調査による最適な導入設備のご提案とそれに沿った申請支援はもちろん施工・納品までトータルで当社で行い、お客様自らが他の申請代行業者や施工業者との間に入って指示・調整や管理を行う手間を省きます。
もちろん申請代行のみといった柔軟な対応も可能です。
ポイント02
POINT3 採択の可能性を高めるには
採択理由については公表されていませんが重要なポイントは以下の3つと考えられています。
①省エネ率 ②省エネ量 ③費用対効果
当社はこの3点を踏まえた上で、導入設備やエネルギーマネジメントシステムのご提案を行い採択の可能性を高めます。
ポイント03

補助金支援 導入の流れ

補助金支援 導入の流れ