TOPICS

山口県某老健施設

山口県某老健施設

KHP(灯油炊きエアコン)からEHP(電気式エアコン)に更新。灯油代はゼロになるが電気代は増加することになる。そこで既存の照明をすべてLEDに置き換えることで年間エネルギーコスト約25%削減を達成!

空調機器更新の背景

使用しているKHP(灯油炊きエアコン)は現在は生産中止。廃番になっている部品も年々増加しており今後故障に対応することができなくなる。そのため補助金を使って最新の高効率インバータ空調/EHP(電気式エアコン)に更新し、故障リスクとエネルギーコストの軽減を図る。

LED照明導入の背景

空調の熱源が灯油から電気へ変わることで増加する電気使用量を抑制するため照明をLED化する。

支援内容とポイント

前年に同様の空調機更新(KHP→EHP)で補助金申請を行ったが不採択に終わった。事業所全体のエネルギー削減は▲20%以上だったが電気使用量が増えていたことが原因と考えられたためその分を照明のLED化でカバーした。

補助金活用によるイニシャルコスト削減成果

総工費7,200万円に対し2,200万円の補助金活用により5,000万円で竣工。

省エネ機器導入によるエネルギーコスト削減効果

年間400万円以上の灯油代がゼロ。電気代は約100万円増加したが事業所全体のエネルギーコストは年間300万円の削減を達成した。
既設空調機
既設空調機
新設空調機
新設空調機
LED照明
LED照明

Ⓒ2018 NICE CORPORATION Co.,Ltd.